熱伝導率測定器マルチタイプ(個体/液体/粉末/ジェル)

C-THERM

     熱伝導率測定器(個体/液体/粉末/ジェル) ”TRIDENT"

                    1台で3種類の測定方法を提供

                 C-THERM

Download brochure

製品概要/熱伝導率測定器 TRIDENT

熱伝導率測定    

Tridentでは、固体、液体、粉末、およびペーストの幅広い熱伝導率テストが可能です。
3種類の異なったセンサーを利用し様々な材料の熱伝導率と熱浸透率を直接測定します。
特許所得済みのModified Transient Plain Source (MTPS)技術を採用しています。


特徴/熱伝導率測定器 TRIDENT 

多彩なセンサー

TLSニードルセンサー 
ステンレス鋼で覆われており、熱伝導率試験サンプルで最大の堅牢性を提供します。 ASTM D5334およびD5930に準拠。

  • 推奨アプリケーション

ポリマー溶融物、半固体、土

(対流のため、低粘度の流体には適していません)




FLEX TPS

さまざまなサイズのフレキシブルな両面センサー。 実験パラメータをより細かく制御できるため、TPSはより上級のユーザーに最適です。  ISO 22007-2に準拠。

  • 推奨アプリケーション

   セメント/コンクリート、多孔質セラミック、ポリマー

   (連続気泡構造または流体には適していません)

MTPS
高速、簡単、高精度。 固体、液体、粉末、およびペーストのテストに適した片面「プラグアンドプレイ」センサー。 測定可能サンプルの多様性を提供します。 ASTM D7984に準拠。

  • 推奨アプリケーション

   エアロゲル, 車, バッテリー, コンポジット, 断熱材、爆発物、
   地質、液体、金属、ナノ材料、金属水素化物、核、相変化材料
   (PCM)、ポリマー、ゴム、熱界面材料(TIM)、熱電性材料


お客様の声(下記をクリックして下さい)
Check out what our clients are saying about C-Therm!

Download brochure
Download brochure

技術データ/熱伝導率測定器 TRIDENT

テスト方法MTPSTLS ニードルFLEX TPS

推奨アプリケーション
エアロゲル, 車, バッテリー, コンポジット
断熱材、爆発物、地質液体、金属、ナノ材料、金属水素化物、核、
PCM、ポリマー、ゴム、熱界面材料(TIM)、熱電性材料
ポリマー溶融物、半固体、土

(対流のため、低粘度の流体には適していません)
セメント/コンクリート、多孔質セラミック、ポリマー

(連続気泡構造または流体には適していません)
熱伝導率測定範囲0 to 500 W/mK0.1 to 6 W/mK0.03 to 2000 W/mK
熱拡散率測定範囲0 to 300 mm2/s*  *計算算出適用なし
0.01 to 1200 mm2/s
熱容量範囲Up to 5 MJ/m³K*  *計算算出適用なし
0.1 to 5 MJ/m³K
熱浸透率測定範囲5 to 40,000 Ws½/m²K適用なし適用なし
測定温度-50º to 200 ºC
オプション 500ºC
-55º - 200ºC-50º - 300ºC
精度1%未満3%未満2%未満
正確度5%未満± (3% + 0.02) W/mK5%未満
試験時間0.8 - 3 秒1 - 4 分10 - 180 秒
センサーサイズ直径18mm長さ150mm直径6 mm/ 13 mm/ 30 mm 3タイプ

最小サンプルサイズ

固体:最小直径18 mm。  1 mmの厚さが推奨されます。

80ml
2つの同一のサンプルが必要です。 サンプルの直径は、
2.5Xセンサーの直径、 厚さは、少なくともセンサーと同
じ直径が必要です。
最大サンプルサイズ無制限無制限無制限
国際規格ASTM D7984ASTM D5334, D5930, and IEEE 442-1981ISO 22007, GB/T 32064